映画『メッセージ』ベタな余命宣告でお涙頂戴のラブロマンス映画より、ずっとずっと悲しい物語

2017年5月19日(金)。日本での公開が始まった『メッセージ』

仕事終わりに一人で見に行ったのを、いまでも覚えている。

日本版の宣伝文句でお菓子の「ばかうけ」が使われ、話題になっていたこともあり、

この手のSF映画にしては珍しく、初日から観客席はおおむね埋まっており、なぜかカップルが散見された。

予告動画

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

監督は「ブレードランナー 2049」などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ

『メッセージ』の公式サイトを見た時点で、なにかただならぬ期待を感じていた。

とはいえ、映画というのは往々にして、その期待値の高さとは裏腹に、評価が一転することもよくある。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ。この作品を見るまで、私はその名前を知らなかった。

映画界では鬼才と呼ばれており、けっこう有名な監督だったようだ。

ベタな余命宣告でお涙頂戴のラブロマンス映画より、ずっとずっと悲しい物語

悲愴な旋律ではじまるこの物語の結末を、

当時の私は、「ベタな余命宣告でお涙頂戴のラブロマンス映画より、ずっとずっと悲しい物語

と形容していた。

その感想はいまもまだ大きくは変わらないが、

ひとつ付け加えるなら、決してただ悲しいだけの物語ではないってこと。

ある部分においては、というか、人類の永遠の課題に勝利した、という意味において、

これは悲しみよりも、意義のある希望を感じられるだろう。

それを可能にしたのは、一人の女性であるというところがまた先鋭的で暗喩的だ。

原作はSF小説 テッド・チャン著「あなたの人生の物語」

この『メッセージ』は、テッド・チャン著のSF小説「あなたの人生の物語」という小説がもとになっている。

つまり、SF小説という個人の妄想をもとにして映画に仕上げるということが、

どんなに大変な作業であるかは、なんとなくご理解いただけるだろう。

文字のみの空想の世界から、映像、音、動き、物体の色や形、質感を取り出して、一から作らなくてはならないだ。

しかもこの映画の製作陣の力の入れようは別次元で、

既存のものでは満足しない」という固い意志が感じられる。

エイリアンの動きひとつをとっても、

幾通りもの案のなかから、どれが最適かというのが緻密に考えられている。

見えそうで見えない、絶妙な靄のかかり具合、

日常と非日常の交錯を、道具を使った巧みな表現など、

どこを切っても仕事に余念がない。

もちろん、目に見える物体だけではなく、

人間の心理描写にも同じことが言える。

人類が未知のものと遭遇するそのとき、

人々はどんな反応を示し、どんな行動を起こすのか。

予告動画を見ると、SFアクションのような雰囲気があるが、

これはSFヒューマンドラマだ。

静謐、深淵、といった言葉がとても似合う。

加えて、主演であるエイミー・アダムスの渋い演技。

私は彼女の演技に惚れてしまった。

無慈悲な生物によって、人類のために己の人生と運命を半ば強制的に犠牲にされ、

歓びも哀しみも既知のものとして生きていかねばならぬ、という

想像を絶する苦悩を受け入れ、

それでも生きていこうとする女性の強さと儚さを見事に演じ切っている。


私が溺愛し、敬愛する映画作品コレクションに仲間入りする基準は、

どうやら「泣いたかどうか」にかかっているらしい。

これでは映画館で、「涙を流したくて泣ける映画を見る人たち」のことを批難できないなと思った。

周りで誰も泣いていない映画で泣くというのは、寂しくもあるが、同時に孤独な愉悦もある。(にやにや)

一度見て損はない映画だと思う。

オチがわかっていても、定期的に見たくなる映画のひとつ。

 

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ