吉村萬壱『ボラード病』多数派同調バイアスの末路を描いたディストピア小説 あちら側の人間にはもう永遠に届かない言葉の礫

「明日がある」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。

通俗的には「明日があるさ」などという曲に代表されるように、その言葉は「希望」という意味を伴って語られることが多いように思う。

それはちょうど、「未来」という言葉に希望を感じるのと同じように。

 

しかし私は違う。

私のような失われた人間は、「明日がある」という言葉にも「未来」という言葉にも、希望を感ずることはできない。

 

私にとっては絶望を直視させてくれるものこそ、生きていくうえで必要なエネルギーを与えられ、慰撫され、安心感を覚えることができるのだ。

そこでは極力、嘘や欺瞞といったものは排除されている。

俗人の好む「見て見ぬふり」など、一切許されない。

その世界こそが私には心地良い。

 

「細胞は日々、生まれ変わり続けている」

そんな哲学に救われ、涙を流したときにはすでに、その希望も打ち砕かれていた。

その涙は「一足遅かった」という悔し涙であった。

 

「その細胞さえ、破壊するのが●●●」

 

死が降り注ぐ世界という意味では、地球上の何処にいようと逃げ場など、絶対安全な場所など、存在しないのはわかっている。

 

だが、人類が経験したことのない未曾有の出来事。

ロシアンルーレットのリボルバーが常に回転する、選ばれ放題のアトランダムの死と、生き地獄が待っているこの国。

そしてそれをひた隠しに隠し続ける人間。自ら隠したことさえ忘れて「なぜだなぜだ」とのたうち回り、死に絶えていく人々。

 

終わった世界で生きていくということは、地獄のようでもあり、天国のようでもある。

 

人はどこまでいっても、孤独。

私はもう、切り離されてしまった側の人間だが、それは気付くか気付かないかの違いでしかない。

せいぜい、あるか無きかの残された時間の中で、孤独という宇宙に目を凝らし、生まれてきた意味なんかを(以下判読不能)

 

ただ残酷なのは、そうした大人の都合によって抑圧され、振り回される子供たちだ。

大人は勝手に死んでいけばいい。

だが、身勝手な大人のもとに生まれついた命への責任は、誰がとるのか。

時として、子供のほうが現実を見抜く力は長けている。

だがそれは、大人の力でねじ伏せられる。

たかだか百年にも満たない「経験」と、無意味に肥大した「図体」という暴力を伴って。

 

子供のことを尊重できぬ社会など、滅びて当然だ。