READ MORE

映画『新聞記者』もう誰が被害者で誰が加害者かわからないこの混沌こそが現在の日本の現実なのではなかろうか 不条理小説のような硬派な社会派作品だった

予告 抽象的ネタバレ考察(感想) 参院選の前に公開されたこちらの映画『新聞記者』。 CMを打とうにもスポンサーがつかず、主人公の女性記者役を打診しても事務所が断るという、なんともまあ皮肉にも現政権と広告業界のベッタリ具合 …