READ MORE

堤未果『社会の真実の見つけかた』客観的事実を知り、スタートラインに立つことの大切さ。情報に踊らされないために私たちが知っておくべき戦争の作り方

今回読んだ本は堤未果さんの『社会の真実の見つけかた』。 堤未果さんといえば、その名を聞いたことがあるかもしれない。 近年出版された『政府は必ず嘘をつく』『日本が売られる』といった本はベストセラーにもなっており、店頭で見か …

READ MORE

『読書会入門 人が本で交わる場所』読書会にまだ参加したことがない人も読書会主催者も必読! ただの紹介本やノウハウ本とは違う、知への刺激に溢れた本だった

友人がおすすめしていた本を手に取った。 というのも、私は今年に入って初めて読書会というものに参加し、その面白さを知り、幾人かの友人もでき、何度か参加しているうちにどういうわけか、主催をやらせてもらえる機会にも恵まれたこと …

READ MORE

8/25大嶋先生講演会in福岡『嫉妬や劣等感から解放されて100%の自分になる! 自由に、楽しく、的確に自己主張』に参加しての感想と備忘録

朝日カルチャーセンター主催で行われた大嶋先生の講演会。 144名を収容できるスペースが埋まりきるほどの大盛況ぶり。 事実、定員オーバーで参加できなかった人たちも大勢いたと代表者の方が話していた。 講演中は撮影禁止のため、 …

READ MORE

寺尾紗穂『原発労働者』一人の音楽家が見つめた平時の原発労働者の声なき声を掬いあげた渾身のルポルタージュ

寺尾紗穂さん。 youtubeを漁っていると「冬にわかれて」というバンドの『なんにもいらない』という歌と出会った。 そのピアノ&ボーカルを務めていたのが寺尾紗穂さんで、この方は昔結成されていたバンド「シュガー・ベ …

READ MORE

大嶋信頼『誰もわかってくれない「孤独」がすぐ消える本』これは人間関係攻略本だ!一人が寂しいと思わない体質の私が読んでも発見の連続だった三本の指に入る大嶋本殿堂入り

毎度毎度のことながら、自分に関係がないと思う本ほど、関係大アリという大嶋本の不思議。 私自身、学生の頃などはよく孤独を感じたものだが、24を過ぎたあたりから「自分そんなに友達求めてないな」ということに薄々気付きはじめ、い …

READ MORE

平川克美『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』経済至上主義への違和感 「安さ」の裏に隠された私たちの労働と生活の破壊

小野寺伝助『クソみたいな世界を生き抜くためのパンク的読書』世界の最底辺から愛を叫ぶ パンク好きなら一度は読んでおきたいおすすめの本を紹介してくれるおすすめの本 こちらの本で紹介されていた本のなかでも、一番気になっていた本 …

READ MORE

FAP療法 anetaly(アネタリイ)カウンセリング一回目 感想

つい先程、FAP療法カウンセリングを終えた。 いままでカウンセリングを受けた後は二週間ほど、いや、それ以上時間が経たないと、その感想を書くことができなかった。 カウンセリング後、視界はスッキリするのだけど、意識的な部分を …

READ MORE

『おしどりマコ&ケン・トークライブ ハミガキをするように社会のことを考えよう!』を受けて、3.11から八年目にして思うこと

震災の節目に、こうして記事を書くことは、はじめてになる。 いまもまだ、葛藤が消えたわけではない。 はたして言葉にできるほど、私の中で整理されているのか、 それをなるだけ誤解を与えずに、人に伝えることができるのか。 そんな …

READ MORE

2019年の豊富な抱負

不思議に思われた方もいるかもしれないが、年末年始もこのブログが平常運転だったことにはそれなりの理由がある。 はっきり言おう。年末年始だからといって、お祭り状態になる世間様のやっていることが、私には不思議でならない。 その …

READ MORE

【番外編】リベレスタカウンセリングで感じた変化まとめ

これまでお世話になったリベレスタカウンセリング。 変化、変化というけれど、具体的になにが変わったのか。 気になる人はいると思われる。 しかもその変化というのは、案外自分では気付けないもので、ふとしたときに「そういえば、こ …