大嶋信頼【DVD】不安を一瞬で消し去る最強メソッドを視聴してみての感想

今回ご紹介するのは、

大嶋信頼著『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』を基にして制作されたDVDになります。

 

こちらは、同時発売された「人間関係の悩みから解放!他人に振り回されずにリミットレスに生きる! 」とは異なり、

書籍の内容に沿って、あらかじめ用意された質問に対して答えていく形式になっています。

 

収録時間は約40分と「人間関係の悩みから~」に比べて短めですが、

質問者の声は編集でカットされており、40分間ひたすら大嶋先生のお話を聞くことができるので、めちゃくちゃ濃厚です。笑

 

撮影場所は大嶋先生のカウンセリングルーム(?)なのかな。

「人間関係の悩みから解放!他人に振り回されずにリミットレスに生きる! 」がアウェイなら、

「不安を一瞬で消し去る最強メソッド」がホームといった感じです。

 

もちろん、内容は「すぐ不安になってしまう~」に沿っていますが、

あらゆる大嶋メソッドの理解を深める上でも、十分に応用できます。

 

「人と自分は違う」と感じている人へ

このDVDに限らず、なのですが

大嶋先生の言葉は、「そこ言語化しちゃう?」という驚きがあります。

 

はじめて「支配されちゃう人たち」を読んだときに、

「なんでこんな気持ちをわかってくれるの?」という衝撃で、思わず涙したことを思い出します。

 

世の中の多くの人は、

僕らのような悩みに対して、

甘え」だとか「考えすぎ」「自意識過剰」だとして片付けられます。

 

それは真剣に相談したいと思っているカウンセラーでさえ、そうした傾向にあるように思います。

実際にそういったカウンセラーに診てもらったわけではありませんが、

専門家が書いた世にある心理系読み物の多くは、結局努力を強いるものばかりでした。

 

「人と自分は違う」

これは別に自分が優れているという感覚ではなく、

「なにかが噛み合わない」「みんなの自然体とは違う」という

たしかな実感なのです。

 

そういった部分の説明を、大嶋先生は冒頭から詳しく話しておられます。

それは幻想ではないよと。

 

「~できない」は暗示だった?

心理学、自己啓発系界隈では一般的に知られていることですが、

「暗示というのは肯定よりも否定形が入りやすい」

「ポジティブなものより、ネガティブなもののほうが暗示として定着しやすい」

という性質があります。

 

私たちが普段意識で「~できない」「~ありえない」

と思っているのも実は暗示によるもの。

 

そこでそうした暗示を解除するための方法が、大嶋先生のメソッドになります。

 

僕はてっきり、暗示は「新しい武器」のようなものだと勘違いしていました。(何度も本読んでるのに…)

が、そうではなくて、現在入ってしまっている自己暗示を打ち消す、いわばカウンターの暗示だったんですね。

 

その暗示がうまく相殺されて「」になることで、その人が本来潜在的に持っていた能力を存分に発揮できるというわけです。

さらにDVDでは、大嶋先生ならではの「意識」と「無意識」の解釈が語られており、

精神科医で心理学者のカール・グスタフ・ユングが提唱していた「集合的無意識」にも通ずるところがあります。

 

また、大嶋先生がそうした意識に弾かれない暗示をどうやって作っているのかも語られています。

 

僕も暗示を根気よく唱え続けようと思った

amazonのレビューなんかを読んでると、

すぐに変化を実感できた人、「心に聞く」で素晴らしい返答があった人たちなどで溢れかえっているため、

劇的な変化を得られない自分は、「どうせおれなんか」という思考に陥ります。笑

 

ですが、大嶋先生の口から「一回で変わる人もいれば三カ月かかる人もいる」という言葉を聞いて、

すぐに諦めるんじゃなくて、もっと唱えてみようと思いました。

 

このあいだ検索してたら大嶋先生の過去のブログがひっかかって読んだのですが、

「暗示や遺伝子コードは、べつに唱えるべき状況にいないときでも唱えてたらそのうち効果を実感できる」

というようなことが書いてありました。

 

なかなかそのシチュエーションで唱えるのって難しいんですよね、僕の場合。

頭から抜け落ちてるというか。

 

だからとりあえず思い出したとき、通勤時、入浴中、夜寝る前、に馬鹿みたいに指折り数えて唱えるようにしてます。

 

 

でもやっぱ、なんか違いますね。

なにかわからないけど、

疲れの抜け具合は変わったような気がする。

 

本編では、暗示が効かない人へのアドバイスが語られているので、

amazonレビューに打ちのめされている人にはオススメします。笑

 

不安や緊張は体型や容姿にも影響する!?

あるクライアントさんの事例で、あまり食べないのに体型がまったく痩せないという人がいたそうです。

しかし、治療を重ねていくうちに痩せてきたことから、

「緊張が糖分を分泌していたのかもしれない」という仮説が紹介されています。

 

この話を聞いて思い当たることがあるのですが、

僕は痩せ型で、甘いものをまったく食べたいと思いません。

それもなんというか、食べたくないんですよね、

見ると「うっ」みたいな。(なんで??)

人からもらった甘いお菓子でも、半分だけ残す、みたいなことが多々あります。

 

これってもしかして、緊張のために体内で糖分の分泌が間に合っているから、

「もういらない!」と身体が受け付けないのでは、と思いました…。

 

また、容姿がシュッとなって異性にモテる、という件ですが、

これはあるかもしれません。←

大嶋信頼 新刊 『すごい恋愛ホルモン』を男の僕が読んだら翌日コンビニで知らない人から連絡先聞かれた

 

以前の記事にも書きましたが、

三年以上女性に縁のなかった僕が、

人生ではじめて、一目惚れという一大ハプニングに遭遇しました。

 

これはもう、影響を受けたとしか思えません…。

 

「自信がある・ない」ということについて

自信というのは誰もが追い求めるところだと思いますが、

大嶋先生は独自の解釈で、「自信は必要ない」と断言されています。

 

たしかによく考えてみれば、自信の有無って思いっきり「意識」ですもんね。

無意識の世界では、「気が付いたらあった」みたいなものなのかもしれません。

 

少し気になったところ

えー、これは大嶋先生とは関係ない部分です。

 

すばる舎さん、いくつかの場面でテロップのミス等が目立ちました。笑

(「人間関係の悩みから解放~」の冒頭でも先生の名前間違ってたしw)

 

まあ、なんというか非常にゆるくてアットホームな感じがするので、良しとしましょう。笑

でも、映像も音声も乱れがなく綺麗に録れているので(当たり前か)、編集のイージーミス以外は気になりませんでした!

このようなDVDを企画してくださったのは本当に有難いし、勉強になります。

またDVD出してくださいね!