片付けたいけどできないのは脳のせい!?汚部屋を脱出する方法が身につく『片づけられない自分がいますぐ変わる本』で人生まるごと大掃除

片付け、できてますか?

自分はというと、幼いころから綺麗好きで、それはもういつも部屋が綺麗に片付いておりました。

 

…と思っていた。ところが。

この本を読みながらさりげなく自分の部屋を見回してみると、、

汚い、散らかっている、積読タワーだらけ

という状態であることに気付いた。

 

いらないものもたくさんある。

なんでとっているのかわからないようなものや、もったいないからと捨てずにおいたものも1cmくらい埃かぶってそのまま放置してある。

そう。自覚症状もないままに、汚部屋に住んでいたのである。

こらアカン。

 

というわけで、本書を手に取った、わけではない。

順序が逆である。

実は、この本を書いた大嶋信頼という人は心理カウンセラーだ。

なんでカウンセラーが掃除本?と思われる方も多いのではないだろうか。

 

今回この本を本屋で探し求めるにあたっては私も苦労した。

大嶋先生の本が自分は好きでよく買い求めるのだが、いつもの心理系読み物の棚に足を運んでみるも、置いてない。

「はて?」と思いつつ検索機で検索してみると、なんと「生活 / 掃除」という棚に配置してあるではないですか。

しかも表紙をこちら側に向けて、お店側もプッシュする格好であった。

最初から中身は読まずに買うつもりだったが、「どれどれ」とまず「はじめに」の項目だけ読んでみた。

 

いや、これはね、大嶋信者には伝わる。伝わるけども。

近年の大嶋新刊本あるあるなのだが、新参者にはけっこうハードルが高いように思う。導入だけ読むと。

だって、無意識さんとか、催眠のお師匠さんとか、声が聞こえてきて~とか。信じるほうがおかしいやろ!しかもここは「生活 / 掃除」の棚ですぜ?隣にはあの有名なこんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』が置いてあるんですぜ?

しかもこの本は、「捨てろ捨てろ」と書いてある。(誇張あり)

……今までこのような掃除本があっただろうか。

だが、この本は大嶋信者である私が、大嶋本初読者にも自信を持っておすすめする

騙されたと思って最後まで読んで、書いてあるメソッド、を試してみてほしい。

これはマジでやばい。

そしてこれはなにも「部屋の片づけ」に限った話ではないことが判明する。

人生を、過去をこれからの未来を変えてしまう力を持った魔術書である。

大嶋本はたしかに胡散臭いタイトルが多いが(失礼)

この本に関しては、まったく誇張がない。

『片づけられない自分がいますぐ変わる本』

即効性がありすぎた。怠け心まで対峙できます。

二日連続でブログ更新?それも昨日は一日に2記事書いてるんですぜ?

いままでこんなことはなかった。

それも本書に載っているワークを実践、(といってもただ短い言葉を唱えるだけ)で、自動運転で体が動き出す。脳の処理速度もいくぶん上がっているような気がする。

もちろん、昨日読み終えたばかりで興奮状態にあるのは否めないが、基本猜疑の目でしか物事を見ない警戒心野良猫並みの私が自信を持ってお勧めする。「とにかく片付けできない」「意外と部屋が散らかってた」「なんかやる気がおきない」「だるい」「めんどうくさい」「怠けてしまう」といった、全部「お前のせい」で片付けられてしまいそうな悩みを持ったすべての人に捧げたいと思う。

とりあえず、寝起きにこの言葉を唱えてみてほしい。

それで行動の変化を感じることができたなら、あなたに本書はあっていると思う。

 

さて、私はこれから年末にできなかった大掃除を開始することとする。

捨てまくるぞ~