READ MORE

FAP療法 anetaly(アネタリイ)カウンセリング三回目 感想

もう三週間も前のことになるのか。 師走だからとか関係ないけど、時間が経つのは本当に早いなあ。   実をいうと前回のカウンセリングが五月。(舌間先生にお聞きしてわかったのだけど) 約半年ものあいだ、カウンセリング …

READ MORE

【日本のディストピア小説】吉村萬壱『ボラード病』多数派同調バイアスの末路を描いた純文学 抽象的ネタバレ感想

「明日がある」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。 通俗的には「明日があるさ」などという曲に代表されるように、その言葉は「希望」という意味を伴って語られることが多いように思う。 それはちょう …

READ MORE

【できないことが増えていく不安解消】アラサー独身女性が綴る 恋愛、結婚、母親、仕事の悩みに応じた本をおすすめしてくれるエッセイ(男性にもおすすめ)

出会いは偶然だった。 女性読み物コーナーに何気なく目を走らせたとき、思わずそのタイトルと表紙の涙ぐむ女性の絵に惹かれた。 中身を確認するまでもないと思ったが、念のため一頁目をめくる。 この本のタイトルを見て、あなたはどの …

READ MORE

【「世の中がおかしい」のはわかるけど…】世の中の仕組みがわからないと疑問に思ったとき 情報社会の中で客観的に考える力を身に付ける手助けとなる初心者おすすめ本

今回読んだ本は堤未果さんの『社会の真実の見つけかた』。 堤未果さんといえば、その名を聞いたことがあるかもしれない。 近年出版された『政府は必ず嘘をつく』『日本が売られる』といった本はベストセラーにもなっており、店頭で見か …

READ MORE

【読書会とは本物の仲間との出会いが生まれる場所】読書会初心者から主催のやり方まで 読書会はたしかに人生が変わる

友人がおすすめしていた本を手に取った。 『読書会入門 人が本で交わる場所』 というのも、私は今年に入って初めて読書会というものに参加し、その面白さを知り、幾人かの友人もでき、何度か参加しているうちにどういうわけか、主催を …

READ MORE

8/25大嶋先生講演会in福岡『嫉妬や劣等感から解放されて100%の自分になる! 自由に、楽しく、的確に自己主張』に参加しての感想と備忘録

朝日カルチャーセンター主催で行われた大嶋先生の講演会。 144名を収容できるスペースが埋まりきるほどの大盛況ぶり。 事実、定員オーバーで参加できなかった人たちも大勢いたと代表者の方が話していた。 講演中は撮影禁止のため、 …

READ MORE

大嶋信頼『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』「いい人」をやめられない!自分は他人の気持ちがわかると半ば本気で思っており、苦しい思いをしている人におすすめの一冊

今回の大嶋書籍は、数ある本のなかでも個人的にベストファイブに入るほど自分にしっくりきた。   忘れていたわけではなかったが、私は小学生の頃から両親のご機嫌を取るのが当たり前だった。 父と母と姉と私の四人家族。一 …

READ MORE

【世論操作はお手のもの!?有権者必読】マーケティング化する政治の功罪 SNSやスマホの個人情報を分析する政府ビックデータ活用事例

今回読んだ本は小口日出彦著『情報参謀』だ。 本書は2009年夏の総選挙に大敗を喫し、政権与党の座から陥落した自民党が、「なにか対策を」と民間のIT企業を雇い、「テレビ・新聞・ネットなどのあらゆるメディアから情報を収集・分 …

READ MORE

大嶋信頼『催眠ガール』大嶋先生ついに小説家デビュー。催眠スクリプトの宝庫、効果のほどは如何に…?

大嶋先生の昔から夢であったという小説の執筆。 処女作はその名も『催眠ガール』。 この言葉の響きだけでなにやら夜九時にやってるドラマのタイトルみたい! なにやら効き目がありそうだ。(べつに夜九時のドラマが面白いのかどうかは …

READ MORE

映画『新聞記者』もう誰が被害者で誰が加害者かわからないこの混沌こそが現代日本のリアル 近年の邦画には珍しい硬派な社会派作品だった

予告動画 あらすじ 東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名 FAX で届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真 …