お悩み相談『人生を救え!』人生で出くわすたいていの悩みは、町田康に聞け。

たいていのアドバイスというものは、上から目線になるか、相手を傷つけぬよう配慮、嫌な奴と思われたくない、だけれども、一目置かれる存在ではありたい、がために、当たり障りのない回答に終始するなどが世の常でしょう。

こと、他人となれば、ますますその傾向は強まり、アドバイスをしているのか、自己ピーアールをしているのか、よくわからない状況になっている状況を、よく見聞きするのである。

また、たとえどんなに人生経験が豊かであっても、その人の性格に、僅かでも「優位に立ちたい。」という、隠れた欲求があったとしたら、せっかくの立派な経験が台無しになってしまう。

獲れたて新鮮の立派なネタで寿司を握ったとしても、最後にマヨネーズをたっぷりつけ、これを薦める人のアドバイスなど、聞きたくはないでしょう。

さほどに、同じ目線でアドバイスをするというのは難儀なことであり、聞き手の心に、先入観なく受け取ってもらえる「アドバイス」ができる人は、大変貴重なのである。

『人生を救え!』著:町田康 いしいしんじ

この本は、毎日新聞日曜版で当時連載されていた、町田氏の人生相談コラムがまとめられたもの。

読者から寄せられる数多の「よくある悩み」を、町田氏が軽妙なテンポで回答する様は、実に圧巻である。

あくまでこちらは、現状を本当に打開したい人、の書、変容したいという思いがあるのになかなか変われない、という読者のための書である。

悩みを悩みたい人にとっては、冷や水をあびせらるるような鋭いご指摘が、一閃。たちまち現実という名の白刃が突き付けられるでしょう。さすがはパンク侍である。映画化である。

というのはまあ、嘘で、単なる読み物として、他人の不幸に、「はは、おもろ」とこぼしながら、菓子屑をこぼしながら楽しめる一冊となっております。

 

町田 康 (著), いしい しんじ (著)